横浜南店ショールーム

外装 省エネリフレッシュ 【アイジー工業】

こんにちは、横浜鶴見営業所の古川です。

桜も散り、あたたかくなり夏日になる日も増えてきました。

今日はそんな暑さを少しでも凌げて、なおかつご自宅の屋根・外壁の修繕をおこなった事例をご紹介させていただきます。

P1040361.JPG

before

築50年程の木造家屋。営業所近くのM様邸で屋根はセメント瓦、外壁は薄いトタンでした。

この年代の木造家屋には断熱が入ってません。

 

 

DSCF4694.JPG

after

屋根は瓦をおろし合板12㎜で下地補強・防水シートを敷きこみ金属瓦(裏地にウレタン断熱)スーパーガルテクト

外壁はトタンをハガシ、構造合板12㎜、透湿防水シート、胴縁、金属サイディング(裏地にウレタン断熱)NF-ブレンダスタ

金属はさびにくく、耐候性に優れた超耐久ガルバ 塗装も遮熱性の塗膜(塗膜赤さび保証が15年からです)

屋根に関していいますと、一般的な屋根塗装でしたら保証がながくても5年程度、遮熱性の塗料もありますが、あくまでも塗装、劣化によって効力がなくなります。

屋根材自体に断熱材が施しているため半永久的に断熱効果があり、夏の室内の温度の上昇を抑え、エアコンの負荷が軽減されることによって光熱費が下がり

省エネにつながります※冬は、室内の温度を断熱層で囲むことにより熱が逃げにくくなり結果として省エネになります。

コストは塗装工事よりはかかりますが、長いメンテのスパン、省エネのことを考えてみると得が多いとおもいます。

今回のM様宅、完工したばかりなのでこれからの夏、今までの環境よりすごしやすくなると信じてます。


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ